外壁工事

モルタル外壁メリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モルタル外壁

金属系サイディングメリットデメリットの続きです。

今回はモルタル外壁についてです。

説明する前に、モルタルとは水・細骨材・セメントを調合したものです。

モルタル外壁のメリット

デザインの幅が広がる

モルタルは左官工事になり、デザインの制限がサイディングと違い幅が広がります。

曲線の外壁などの施工も可能で、Rの垂れ壁も作ることができます。

シーリングの劣化がない

そもそもモルタル外壁には、シーリングは使うことがないのでサイディングのように劣化がありません。

メンテナンスがしやすい

工場で生産してくるわけではないので、メンテナンスは10年程度とされていますが、表面の塗装やクラックを治すにはサイディングよりしやすくなります。

モルタル外壁のデメリット

クラック(小さいひび割れ)

自然素材でありつなぎ目がなくきれいに仕上がりますが、乾燥等の収縮によりヘアクラック(小さなひび割れ)が起こりやすいです。

治すのも簡単なんですが、定期的にメンテナンスが必要です。

工期がかかる

他の工法より・・・特にサイディングより工程が多く、左官も下塗りで乾かし中塗りして乾かしと繰り返すので、どうしても工期が長くなります。

コスト

デメリットに入れましたが、上記に書いたように工程が多くサイディングに比べると価格は上がります。

その分つなぎ目がなくきれいに仕上がったり、デザイン性に自由度が上がったりと一概にデメリットとは言えない部分もあります。

まとめ

デザイン重視で考えると、モルタル外壁がおすすめです。

ただしモルタル自体には防水性がないため、塗装や仕上げ材で防水機能を持たせます。

そのためメンテナンスが重要だということは頭に入れておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*