外壁工事

金属系サイディングメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金属系サイディング ガルバリウム鋼板

外壁の種類によるメリットデメリット(窯業系サイディング)の続きです。

今回は金属系サイディングについてです。

金属系サイディングのメリット

材料が軽い

外壁の種類の中でも特に軽いのが、この金属系サイディングです。

材料が軽いのがなぜメリットなのかと言うと…

地震が発生した際に、モルタルなどの重たい外壁材より、軽い金属系サイディングは構造に負荷がかかりにくくなります。

耐震性が高いことになります。

メンテナンス

ガルバリウム鋼板を使用した金属系サイディングでは、錆びにくく、塗装も20年~30年維持できるといわれています。

他の外壁よりメンテナンスは少なくてすむメリットもあります。

金属系系サイディングのデメリット

凹みやすい

表面の金属部分は薄いものなので、重たいものが落ちたり、野球のボールなどが当たるとへこみます。

車の板金を思い出してもらえれば分かりやすいかと思います。

イニシャルコストが高い

窯業系サイディングと比べると量産品でも高くなってしまいます。

メンテナンスが少なくて済むので、イニシャルコストにかけるのか、ランニングコストにかけるのかなど考えればそれほど大きなデメリットにならないと思います。

種類が少ない

窯業系サイディングのように種類は豊富ではなく、凹凸の違いや色の違い程度なので、選べる種類は少ないです。

ただシンプルでかっこいいと思う方もいるし、倉庫のようになってしまうのではと思う方もいるので、デザイン性も賛否両論だと思います。

(最近は各メーカー窯業系にも似た種類が出てきています。)

まとめ

金属系サイディングは好みがはっきり分かれるので、本当に好きな方が選ぶものだと思っています。

あえてサイディングではなく、ガルバリウム鋼板を張る方法もあります。

シンプルなデザインができるので好きなんですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*