土佐和紙と漆喰の家

谷樋設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

屋根のルーフィングが終わり、瓦を葺く前に・・・

谷樋を設置しました。

谷樋は、 屋根の入隅(屋根の下端がぶつかった場所と言えばいいのかな?)にぶつかった所を谷と言います。

そこの窪みに鋼板で雨水が通る場所を作ってあげます。その通水路を谷樋と呼びます。

谷樋は雨漏りの原因になる場所が多いので、サイドに300mm以上作るようにするので、その幅もチェックします。

屋根の登ると一面ブトウ畑などで綺麗ですが、時期が良ければ桃の花絨毯が見れたなぁっと思いました。

コメントを残す

*