外壁工事

外壁左官仕上げの下地に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着々と工事が進んでいます。

現場の外壁工事は、左官で仕上げます。

左官で仕上げる前に下地を作成中。

今回左官で仕上げますが、通気も取れるようにエアパーセージシートを使用します。

ザラ板を通気胴縁の上に張る方法もあるんですが、今回はエアパッセージで通気をとることにしました。

利点は、外壁の厚みが少なくて済むので、サッシの納まり等がいいんです。

昔ながらのザラ板も好きなので、その工事現場に合わせて選択しています。

土佐和紙と漆喰の家は、通気胴縁+ザラ板を選択したので、その工程はblogで見れるようになっています。

左官で外壁を仕上げるのはきれいで好きなんですが、工程の日数がかかることと金額がサイディングより高いので、その建物によって、外壁も選択しています。

どちらも利点があるので、良い悪いとは一概に言えないので、難しいく悩みどころです…

コメントを残す

*