内装工事

下地のパテは重要で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パテ

この建物は木工事が完了して、内装工事へ進んでいます。

まずはパテ処理でボードのつなぎ目等を平らにしていきます。

『パテ処理』とは・・・下地の表面の凹凸・ビスの凹凸やプラスターボードのつなぎ目を平滑にするための処理のことです。

ペースト状のもので、あまり厚く塗りすぎずにいかに薄く仕上げるかがポイントになります。

一見最後の仕上げが重要に感じますが、このパテ処理の下地がうまくいっていないと、仕上げをいかに綺麗にしようとしてもうまくいかなくなるので、とても重要な工程です。

料理も下準備が重要なように、建物でも見た目だけではなく見えないところの下準備がとても重要なんです。

コメントを残す

*