断熱工事

隙間を気密測定で数値化してみると

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気密測定

前回は断熱の話をしたので・・・

隙間を気密測定して、数値化することも大事

断熱材を施工した後に、気密測定を行いました。

今回の結果は、0.399なので四捨五入して、0.40㎠/㎡と言う結果でした。

この数値がいいのか悪いのか良く分からないですよね。

気密の数値化は、C値=〇㎠/㎡で表します。

床面積の1㎡につき〇㎠の隙間があると言うことになります。

C値=1.0㎠/㎡で100㎡の住宅があった場合。

隙間の面積は、100㎠となります。隙間を全部集めると10㎝×10㎝の穴があることになります。

C値は数字が低いほうがいいことになります。

今回0.4と言う値でしたが、改善点も分かり随時改良していかなと。

暖かいですよ~と単純に言うだけでなく、数値化できるとわかりやすくていいですよね。

建築家と一緒に住宅をお考えの方へ

建築家と一緒に、工務店に頼らない家づくり


『住まいへの夢×(建築家+職人)=満足度120%』の定理


OPEN SYSTEM とは?


建築家による設計と経済的な高利性を実現


『依頼主のメリットを最大化』する建築手法


価格の見える家づくりの漫画サッシ無料プレゼント


(山梨県内の方に限ります。)


漫画無料プレゼント・資料請求

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください