土佐和紙と漆喰の家

着々と外構工事が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土佐和紙と漆喰の家の外構工事は、着々と進んでいます。

フェンスの設置やコンクリートブロックの積み上げも終わり、仕上げの段階に進んでいます。

今は左官工事の下地を行っています。

最終的な仕上げは、ジョリパットで建物と同じ感じに仕上げる予定です。

コンクリートブロック造の塀は、予定通り玄関の位置は確認できますが、少し角度が変わると中は見えず、塀と塀で目線をシャットアウトで来ていたのでよかったです。

建物完成から少しの間は、建物が丸見えでしたが外構が出来てきて、内部も直接見えなくなってきました。

それとやっぱり外構をすると建物が引き立つこととしまって見えますね。

コメントを残す

*