土佐和紙と漆喰の家

イメージを膨らませて歩いてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も外構工事の現場へ確認してきました。

塀やフェンスの基礎が着々と出来て、位置も確認できました。

そこでちょっと塀の高さをイメージしながら、アプローチ動線を歩いてみました。

高さはちょうどよく、塀が出来れば、直接玄関は見えないが、少し移動すれば玄関扉が見えます。

玄関扉を開けた状態でも、視線に角度が付きますので部屋の内部までは見えないことを確認できました。

ちょうどイメージ通りになってきたと、一安心…

もう少しで新築工事の基礎の養生期間を長めにとっておいた工事も動き出すので、現場確認が増えます。

あっちへ行ったりこっちへ行ったりとなるので、スケジュールの管理もしておかないと、内部での作業が進まないってことならないようにしないと!!

 

コメントを残す

*