木工事

土台・床断熱材をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土台 断熱材

土台120×120を入れ終わったら床断熱材のチェックを

土台を敷き終わったら、床の断熱材を施工していきます。

建方の前に、床面には構造用合板を張っていくので、床の断熱材が見えなくなってしまいます。

構造用合板を張る前に、断熱材の種類と厚みのチェックが必要です。

今回省エネ等級5を申請しているので、申請時の断熱材の種類と厚みをチェックしました。

今回は床断熱ですが、フローリングからの冷たい熱を感じないように種類と厚みを選定したので、竣工時に素足で歩くのが楽しみです。

現場は着々と進み、建方も無事に終わり大工工事が進んでいます。

建築家と一緒に住宅をお考えの方へ

建築家と一緒に、工務店に頼らない家づくり


『住まいへの夢×(建築家+職人)=満足度120%』の定理


OPEN SYSTEM とは?


建築家による設計と経済的な高利性を実現


『依頼主のメリットを最大化』する建築手法


価格の見える家づくりの漫画サッシ無料プレゼント


(山梨県内の方に限ります。)


漫画無料プレゼント・資料請求

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください