現場監理

監理するために現場の確認を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイディング 外観

先日現場監理のため進行状況等を確認してきました。

その前に監理ってなんだ?って方へ

監理とは・・・

工事が設計図書のとおりに実施されているか確認します。

建築士法第18条3項に規定してあります。

工事監理を行う場合、工事が設計図書の通り実施されていないと認めるときは、直ちに工事施工者に対して、その旨を指摘し、当該工事を設計図書通りに実施するように求め、従わないときは、その旨を建築主に報告しなければならない。(一部省略)

要するに図面の通り行っていないかチェックして、図面通りに工事を行うよう促します。

実際には、悪気はないんですが人間ですのでちょっとした勘違いなどから、図面通りに行っていないこともあるので、監理は意外と重要なんです。

工事監理者

建築主の代理人

工事管理者

工事現場を適正に動かす責任者

上記のように同じ読み方でも、まったく意味が異なってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*