木工事

建方が終わり、耐力壁へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建方が先日終わり、外部周りの耐力壁を施工しています。

建方とは、柱・梁・小屋組を組み上げる工程の事で、土台を伏せる時も含めていう場合もあります。

基礎工事から一気に小屋までできるので、風景が一変します。

お施主さんも基礎の時はそんなに大きく感じなくても、空間が出来ることによって大きく感じます。

この仕事に携わって、初めのころは図面では把握していますが、ここまで感覚が違うのかとびっくりしていました。

一生で一度の事だと思うので、建て方の際はこの変化を感じるといいと思います。

ここから木工事が続きますが、見えなくなってしまう部分も多いので、ちゃんと監理しないと!!

コメントを残す

*