木工事

しっかりとした床下地と安全性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日基礎が完了した現場です。

いよいよ木工事へと入ってきています。

今回もですが、1階の床はネダレスにしています。

以前は建て方のあとに、1階の床が出来る方式のネダをしていましたが、ここ数年は1階床もネダがないネダレス方式を採用しています。

先行して床が出来るので、建て方時に安全なことと、床がしっかりしていることで採用しています。

ネダレスを採用する際は、火打を入れなくても水平剛性が取れます。

ただ注意点があるので、現場で確認します。

その注意点とは、構造用合板が24mm以上あること、それと釘の種類がN75、釘のピッチ(間隔)が周辺部・中央部ともに150mm以内であることが条件です。

現場監理では、上記の項目を確認してきました。

今回は特に注意点がないので、後は建て方の天気が気になります。

台風が来ているので・・・

コメントを残す

*