土佐和紙と漆喰の家

目透かし廻縁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は廻縁についてですが・・・

今回設計段階では、隠し廻縁の予定でした。

天井・壁の仕上げが紙クロスのため、設計していた隠し廻縁でちょっと難しくなると協議して変更することに決めました。

ただ通常の廻縁を付けるとイメージがかなり変わってしまうので、T型の目透かし廻縁を使用することにしました。

これならば廻縁がほとんど目立つことなくスッキリした形になり、きれいに納まり設計段階とさほど変わらない形でできます。

意外と廻縁ってじーっと見ることはないと思いますが、廻縁の変更だけでもイメージが変わってきます。

コメントを残す

*