内装工事

天井をシナ合板で柔らかな雰囲気を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シナ合板 天井

山梨❘注文住宅❘設計事務所:内部の下地を施工しています。

LDKの天井ですが、今回は仕上げをクロスではなくシナ合板で仕上げていきます。

シナ合板は無垢板よりコストが抑えられ、木目が柔らかな印象で、明るい雰囲気に仕上げることがメリットだと思っています。

壁や建具などにも使いますが、傷がつきやすいというデメリットもあるので、主に天井に使うことが多いです。

今回はゲストルームにも使用していますが、ゲストルームは突きつけで目地が見えない雰囲気で、LDKは目透かしで目地がはっきり見えます。

同じ仕上げ素材でも、施工方法によって雰囲気が変わって来ます。

目透かしも突きつけも、木目があっるので手間がかかり大工さんの腕にかかってくる部分もあるので、採用する際はよく検討してみてください。

コメントを残す

*